冬休みの宿題でお雑煮の調理方法等をまとめたレポートがありましたので、折角なので載せていきたいと思います。

S__8347667


美味しそうですよねぇ~。あの頃に戻りたい…。


fcg
rfdtguk
gf


正月と言ったらコレ!~我が家のお雑煮を紹介~
 私はお正月には毎年我が家で食べるお雑煮について紹介していきたいと思います。この時期になると毎年、親戚がやって来ます。その親戚の方がお雑煮を作ってくれます。作り方を問うと大まかな作り方を教えてくれました。

 材料 (4人分) 
・ お餅         4個 
・ しいたけ       4本 
・ 鶏肉       200g 
・ ナルト        適量 
・ 油揚げ        適量 
・ 昆布だし     100g 
・ 鰹節        30g 
・ 麺つゆ      100g 
・ 醤油         適量 

作り方

まず、お餅はトースターで10分ぐらいを目安に焼きます。いい感じに膨らんできたら、取り出す。

    焼き始めたら、②の作業に入れる。

 ➁鶏肉はなるべく細かく、しいたけ、油揚げもお好みの切り方で切る。三つ葉の葉は3センチ幅に切る。

 

 ⓷鰹節のだしをとる。

1、       鍋に水1000gを入れ、沸騰したら火を止める。

2、       削り節30gを入れて、1~2分程度置く。

3、       ざるで削り節を1分間こす。ざるの中にキッチンペーパーを入れると良い。

 

 ④⓷でとった鰹節のだしに麺つゆ100gと昆布だし100g、醤油を適量投   

 入する。➁で切った材料を加えて煮立てる。しかし、三つ葉を入れるタイミングは他のより後で良い。

 

 ⑤器に盛りつけ、ゆずを入れたら完成。

 
 ポイント

  ⓸の三つ葉を入れるタイミングですが、三つ葉は火が通りやすいためあまり煮立てない方がよいとのことでした。醤油は汁の味が薄いときに入れるのがベストです。


 感想

  このお雑煮は毎年食べる味なので、食べたときホッとしました。そして、味の方ですが、文句なしに美味しいです。お餅は汁に浸っているにもかかわらず、外は固く歯ごたえがあります。日本食の繊細さが感じられます。

このお雑煮なのですが、みんな様々なアレンジを加えますが、特にあおさを器山盛りに入れる母親の食べ方がすごいと思います。あおさを入れること自体は珍しくないと思います。私も入れて食べるのは好きです。しかし、あおさの袋が5袋もストックされているのには驚きました。

食べるという楽しさを大人数で分かち合った一品でした。

 



お雑煮は家によってかなり変わる料理です。そのため、同じ料理で様々な“味”を楽しむことができます。それこそがお雑煮の本当の魅力なのではないかなと思いました。いい感じにまとまったしここで終わりでいいか♪